このページの先頭です

憧れ トンボ楽器 TOMBO No.1921S/マイナーキー 超特級イワサキソロ-複音ハーモニカ 憧れ トンボ楽器 TOMBO No.1921S/マイナーキー 超特級イワサキソロ-複音ハーモニカ

憧れ トンボ楽器 TOMBO No.1921S/マイナーキー 超特級イワサキソロ-複音ハーモニカ

Today : 720

こちらの商品はお取り寄せとなります。3日~1週間ほどでお届け可能です。メーカー品切の際はお時間を頂きます。

こちらの商品の送料はサイズ60です。下記送料一覧にてご確認下さい。

★商品の説明★
岩崎重昭氏監修。ゆるやかなトレモロでピアニッシモまでを表現。

日本を代表する複音ハーモニカの第一人者である岩崎重昭氏の監修のもと製作される、複音ハーモニカの最高級モデルです。
氏はクロマチック・ハーモニカ用に作曲されたトミーライリー氏の「バルセンチーノ」を複音ハーモニカのソロ曲として見事に編曲するなど、世界に通用する曲を新鮮な編曲や新しい奏法で発表し、複音ハーモニカの世界への普及に貢献しております。新しい奏法の発展と共に、それに適した楽器の開発も欠かせません。この「超特級イワサキソロ」は、岩崎重昭氏の最新の奏法や編曲された曲に最適なハーモニカです。

本体
吹き易さを考慮し、本体厚を演奏に支障をきたさない限り薄くしています。

リード
リードはトンボ独自の配合の素材を使用。各調子の各音程に対しては、長年の経験を生かし、最も適した設計で製作。岩崎氏公認の熟練した職人が調律・調整を行います。リードの取付けは、共鳴度の高いリベッティング方式で、各音のトルクも入念に調整していますので、より一層安定した音程が得られます。

音色
複音ハーモニカ独特の美しい音色を保ちながら、クラシカルで情緒豊かな表現ができるようトレモロは控えめに調律しています。
マイクを使うことを念頭に置き、美しいピアニッシモを表現できるよう、アゲミ(リードの反り)を低く調整してあり、弱い息でも反応するので、早いパッセージを楽にこなす事ができます。
※強い息で無理に吹いてしまうと、音が詰まることがあります。

カバー
カバーは岩崎氏が最も吹きやすい形状を選んで採用し、柔らかな音色に最も適した真鍮材にニッケル・クローム・メッキを施しました。全体的に薄いので、女性でも 吹き易くなっています。

スペック
?複音ハーモニカ21穴 ?本体:木製本体(国産楓材)
?カバー:真鍮クロムメッキカバー
?サイズ:W166 x H29×D22mm ?重量:140g
?ポイント券対象(130P) ?MADE IN JAPAN

?調子:長調、短調各12調子
※ D, D#, Dm, D#mはそれぞれLD, LD#, LDm, LD#mのみの設定となります。

明日以降のリバーウォーク

Shop Topicsショップトピックス

一覧で見る